自宅で簡単にできるセルライト除去・マッサージ方法をはじめ、おすすめのセルライトを消すエステやマシン・器具、スパッツ、クリームやサプリの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。セルライト除去でお悩みの方はぜひご覧ください。

足のセルライトの原因|なぜ太もも・ふくらはぎ・足首にセルライトが

 
この記事を書いている人 - WRITER -

足のセルライトって嫌ですよね?

足や太もものセルライトって無くならないんですけどなぜ出来るのでしょうか?

太ももの裏に出来るボコボコも泣きたくなるほど嫌なものですね。

今回は、セルライトが足に出来やすい真相を調べてみました。

セルライトって何?

足のセルライ 原因

セルライトは、皮下脂肪の仲間なんですけど……

簡単にまとめると、ゴミと脂肪が圧縮された物体です。

はい、簡単に言うとゴミなんですね。

正常な皮下脂肪ならば、脂肪の間にビッシリと毛細血管があります。

皮下脂肪の間には、血管の為のすき間がたくさん空いているんですね。

正常な脂肪細胞ならば、温かい血液が巡っています。

リンパ管もすき間に通っているので、細胞からでる老廃物のゴミも片付けられます。

ここからがセルライトなんですけどっ!

セルライトは、異常な脂肪です。

膨らんだ脂肪が、細胞から出るゴミを巻き込んで回りを圧迫しながら大きく育ちます。

大きく育ったセルライトは、回りをギューっと押しながら皮膚を押し上げます。

これがボコボコしているセルライトです。

足のセルライトは何故出来る?

セルライトのメカニズムは分かりましたが、どうしてにたくさん出来るのでしょうか?

足にセルライトができてしまう原因は、大きく分けて三つになります。

一つ目はほとんど動かずに運動が苦手な方です。

二つ目はストレス疲れむくみなどです。

三つ目は冷え血行不良などです。

この三つが大きな原因になり、体の中でゆっくり時間をかけてセルライトをたくさん増やしてしまいます。

特に足につきやすい原因は、むくみやすくて冷え性の影響受けやすいからです。

女性の人なら分かると思いますが、夕方になると靴が入らないくらいに足がむくんでしまう人がいますね。

むくみというのは、疲れストレスなどで細胞の中に水分を過剰に取り込んでしまうことです。

必要ない水分を溜め込むおかげで、周りの血管やリンパ管などを圧迫します。

圧迫することで血液の流れが悪くなります。

血液の流れが悪くなると、体は簡単に冷えてしまいます。

冷える事が原因で、足のセルライトが増えてしまうんですね。

どうして冷えるのが良くないのか

足のセルライ 原因

どうして冷えるのが悪いのでしょうか?

その理由は、そもそも体が暖かいのは血液が酸素や栄養を運んでくるから暖かいんですね。

冷え性は血管が大きなポイントになるんです。

血管が正常に巡っていれば、体は冷えてしまうことはありませんよ。

セルライトが多い人は、余分な脂肪で血管を押し付けて通らないようにしています。

血管が来ないのでその部分は温まらなくて、冷たくなっているはずです。

体の中のセルライトがたくさんある部分を触ってみてください!

他の部分と比べて冷たくないですか?

冷たいのなら、毛細血管が細部まで行き渡っていない証拠です。

つまり血管が巡っていないと、セルライトの原因になっている冷えが進んでしまいます。

冷えることと足のセルライトの関係

冷え性の人はセルライトをたくさん溜め込んでいる人が多いです。

セルライトは脂肪と老廃物が混ざり合ったもので、肌の皮膚の下の部分にあります。

冷え性がひどくなっている人は、血の巡りがあまり良くないので体の中のゴミを外に出すことができません。

ゴミを出すことができないので、仕方なく脂肪と混ぜて体の中に貯めているんですね。

怖くありませんか?

今まで脂肪の塊と思っていたセルライトは、老廃物も一緒に混ざっていたんですね。

足の部分はとても冷えやすくて、ストレスでも血の気が引いてしまうことがあるんです。

普段は血の巡りが良い人でも、仕事のやりすぎて一時的に冷え性になる人もいるんですね。

足のセルライトは、血管冷え症がとても深く関係しています。

セルライトの脂肪は栄養として使われないの?

通常脂肪は、いざという時の緊急の栄養源として貯められています。

それならたくさん運動をしたら消費されるのではないか?と思いますよね。

実は栄養に変換するには、血管がすぐそばにないとできないんですよ。

セルライトは脂肪とゴミが互いにくっつきあって、圧縮されています。

隙間が全くないのでセルライトの間に血管が通るのは難しいです。

栄養に変換させるための血管がそばまで行けないので、セルライトは普通に運動しただけでは栄養に変わることはありません

セルライトの間に隙間を空けないと、運動してもあまり使われることがありません。

足にセルライトができてしまう原因は、大きく分けて三つになります。

一つ目はほとんど動かずに運動が苦手な方です。

二つ目はストレス疲れむくみなどです。

三つ目は冷え血行不良などです。

この三つが大きな原因になり、体の中でゆっくり時間をかけてセルライトをたくさん増やしてしまいます。

特に足につきやすい原因は、むくみやすくて冷え性の影響受けやすいからです。

女性の人なら分かると思いますが、夕方になると靴が入らないくらいに足がむくんでしまう人がいますね。

むくみというのは、疲れストレスなどで細胞の中に水分を過剰に取り込んでしまうことです。

必要ない水分を溜め込むおかげで、周りの血管やリンパ管などを圧迫します。

圧迫することで血液の流れが悪くなります。

血液の流れが悪くなると、体は簡単に冷えてしまいます。

冷える事が原因で、足のセルライトが増えてしまうんですね。

どうして冷えるのが良くないのか

どうして冷えるのが悪いのでしょうか?

そもそも体が暖かいのは血液が、酸素や栄養を運んでくるから暖かいんですね。

冷え性は血管が大きなポイントになるんです。

血管が正常に巡っていれば、体は冷えてしまうことはありませんよ。

セルライトが多い人は、余分な脂肪で血管を押し付けて通らないようにしています。

血管が来ないのでその部分は温まらなくて、冷たくなっているはずです。

体の中のセルライトがたくさんある部分を触ってみてください!

他の部分と比べて冷たくないですか?

冷たいのなら、毛細血管が細部まで行き渡っていない証拠です。

つまり血管が巡っていないと、セルライトの原因になっている冷えが進んでしまいます。

冷えることと足のセルライトの関係

冷え性の人はセルライトをたくさん溜め込んでいる人が多いです。

セルライトは脂肪と老廃物が混ざり合ったもので、肌の皮膚の下の部分にあります。

冷え性がひどくなっている人は、血の巡りがあまり良くないので体の中のゴミを外に出すことができません。

ゴミを出すことができないので、仕方なく脂肪と混ぜて体の中に貯めているんですね。

怖くありませんか?

今まで脂肪の塊と思っていたセルライトは、老廃物も一緒に混ざっていたんですね。

足の部分はとても冷えやすくて、ストレスでも血の気が引いてしまうことがあるんです。

普段は血の巡りが良い人でも、仕事のやりすぎて一時的に冷え性になる人もいるんですね。

足のセルライトは、血管冷え症がとても深く関係しています。

ふくらはぎの部分に足のセルライトがつく理由

足のセルライ 原因ふくらはぎの部分は、ほとんど運動しない人は筋肉を全く使いません。

筋肉を動かすことがないので、脂肪がつきやすく冷えやすい場所です。

試しにふくらはぎを触ってみてください、思ったよりも冷たいと感じるはずです。

運動をしないし、冷えやすい場所なのでふくらはぎにはセルライトがつきやすいです。

足首に足のセルライトがつきやすい理由

足首にもセルライトはたくさんつきます。

足首の部分には、実は大きなリンパ腺が通っています。

リンパ腺は体の老廃物を出すところなんですが、足首の部分は体のストレスが溜まるところなんです。

大きなダメージを受けているので、よりセルライトがたまりやすくなります。

肉割れの部分にもセルライトがつくのか?

お尻の後ろ太ももの部分には、肉割れが入っている人がいます。

肉割れは、皮膚を急激に引っ張る事で皮膚が裂けてしまう状態です。

セルライトは、脂肪と老廃物の塊なので根本的に肉割れはセルライトとは全く違います。

違うものなんですが、肉割れの部分も皮膚ですから肉割れの部分にセルライトも出来るんですよ。

セルライトの脂肪は栄養として使われないの?

通常脂肪は、いざという時の緊急の栄養源として貯められています。

それならたくさん運動をしたら消費されるのではないか?と思いますよね。

実は栄養に変換するには、血管がすぐそばにないとできないんですよ。

セルライトは脂肪とゴミが互いにくっつきあって、圧縮されています。

隙間が全くないのでセルライトの間に血管が通るのは難しいです。

栄養に変換させるための血管がそばまで行けないので、セルライトは普通に運動しただけでは栄養に変わることはありません

セルライトの間に隙間を空けないと、運動してもあまり使われることがありません。

ストレスも足のむくみの原因になる

 足のセルライ 原因

疲れストレスも足のむくみの大きな原因の一つになります。

なぜなら体や筋肉が疲れてしまうことで、精神的な理由で血管が細くなってしまうからです。

医学的な実験でわかっていますが、精神的なダメージを受けると私たちの末端の血管は血液が行きにくくなります。

よく血の気が引くという言葉がありますが、その言葉の通りで血液の巡りが悪くなるんですね。

正常な人なら一時的なものですぐに良くなります。

けれども疲れていたり、慢性的に疲れを溜め込んでいるとなかなかうまくいきません。

血の気が引いたままそのままで、手や足の先まで血液が行きにくくなってしまうんですね。

血液がいかないということは暖かい温度を保てません。

冷たいとますますセルライトが増えてしまうので、大変です。

疲れや精神的なストレスでも足のセルライトは増えます。

足の疲れを取ってあげるために、ゆっくりお風呂に浸かるのもいいですよ。

お風呂上がりの温まった状態で、マッサージをするのもいいですね。

食事も足のセルライトに関係がある

毎日私たちが食べている食事ももちろん足のセルライトに関係します。

今食べている食事が、私の体を作っています。

バランスよく野菜を食べているでしょうか?

食物繊維豆製品などを食べているでしょうか?

炭水化物ばかりで、お腹がいっぱいになればいいと思ってないでしょうか?

ファーストフードばかりで油をたくさん摂っていると、足のセルライトの原因になります。

食事はとても大切なもので、毎日完璧な食事をとるのは難しいです。

けれども一週間で大きく考えてみると、無理せずバランスの良い食事を取ることはできます。

まず誰にでもできることは、1日3食自分が何を食べているのか把握することです。

何を食べているのかは何を飲んだのかも入れます。

例えばコーヒーを飲んだ、ヨーグルトを飲んだ、コーラを飲んだというのもメモにします。

おにぎりをひとつだけ、昼は唐揚げ弁当、夜はスパゲッティ、そういう感じで何を食べたのかとりあえず一週間記録します。

たいていの人は記録するだけで、自分がどれだけ野菜を取れていないのか自覚します。

ここでのポイントは目をそらさず、逃げずに自分がどんな食事をとっているのか再確認することです。

何を食べているのか、こういう食事をしているから足のセルライトが増えたんだ~と深くうなずけます。

年齢が原因で足のセルライトも増えます

年齢が進むと体内の代謝も落ちてきます。

代謝が落ちてくると脂肪を分解することもできなくなってきますし、冷え性になりやすくなります。

年齢が進むだけで、足のセルライトが増えるんですね。

女性の場合は50代を過ぎると、閉経を迎えます。

閉経を迎えると、それまで分別されていた女性ホルモンがほとんどなくなります。

ホルモンがなくなってしまうことで、女性の体のバランスはガタガタになります。

ホルモンのバランスが崩れただけで、足のセルライトも増え始めます。

女性の場合は年齢が進めば進むほど、足のセルライトが増える原因がたくさん増えます。

運動をすれば治るという人もいますが、ホルモンが原因の場合は少し違います。

ホルモンの変化についていけない人は、病院などできちんと薬をもらう必要があります。

病院できちんと治療しながら、セルライトと付き合っていく必要があります。

自分一人だけの力ではどうにもならないことがあるんです。

足にセルライトが出来るまとめ

脚にセルライトが出来るのは、食事生活習慣が深く関係しています。

それ以上に年齢ホルモンなど、自分の力ではどうにも出来ない働きでセルライトが増えるというのが分かりました。

増えないように普段から、満腹になるまで食べないとか野菜を積極的に食べるように心がけるといいようです。

この記事を書いている人 - WRITER -