自宅で簡単にできるセルライト除去・マッサージ方法をはじめ、おすすめのセルライトを消すエステやマシン・器具、スパッツ、クリームやサプリの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。セルライト除去でお悩みの方はぜひご覧ください。

セルライトとは何か?医学的根拠を元に簡単にわかりやすく徹底解説!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

多くの女性の中には、体にできているセルライトとは何か?セルライトを落としたい、お腹や足、ウエストなどが気になるという方が少なくないと思います。ほとんどと言っても過言ではありませんが、ほとんどの女性は人生に1度はダイエットにトライしたことがあるはずです。

ダイエットに関する情報を見ていると、セルライトと言うのは避けることのできないワードの1つでしょう。それでも、セルライトとは何か?考えたことがある方は意外と少ないかもしれませんね。
それがどんな見た目をしているかは、みんなよく知っているからです。

でも、特に腕、太ももや太股裏、ふくらはぎ、お尻といった特定の部位につきやすいものだという事は知っていますが、実際にセルライトとは何なのか?原因や症状を具体的に知っているかと言われると、わからないという方が多いかもしれません。
セルライトとは何かを知らない方は、それを知ることでその対策に関する良い情報が見えてくるかもしれません。

医学的根拠がそもそもあるのかどうか?できるだけ簡単にわかりやすく、徹底解説していきたいと思います。

私自身も、足だけではなく顔にも目立つセルライトがあり悩んでいましたが、さまざまなセルライトの除去方法を試す前にセルライトとは何かを正しく理解することが助けになりました。
セルライトでお悩みの女性の方、ダイエットにトライしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。この記事が役に立てれば、嬉しく思います。

セルライトとは何か?言葉から探ってみよう

セルライトとは何か 医学 根拠 簡単にわかりやすく

セルライトとは、一体何ですか?医学的にそもそも根拠のあるものなのかどうか?といった点を知るためには、セルライトという言葉の意味を知っておくと良いでしょう。
セルライトはカタカナで書くので、英語だと思っている方が多いですよね。

しかし、実はこの言葉は存在する特定の言語ではなく、2つの言葉の意味が合わさった言葉でフランスで生まれたものだと言われています。
しかし、一般的にこのセルライトと言う言葉がよく知られるようになったのは、ニューヨークのエステサロンの経営者が使い始めたことです。

セルライトは何か?言葉の由来はいったい?

セルライトと言うのは、ではどこから来ているのでしょうか?この言葉の語源を知ることで、セルライトとは何か、簡単にわかりやすく理解するのに役立ちます。

セルライトの前半の部分、Celluleというのは、まず細胞と言う意味があります。そして、鉱石と言う意味を表す語尾であるiteを足したものが、セルライトと言う言葉です。

ですから、細胞と鉱石という2つの言葉を合わせた言葉と言えるでしょう。この言葉からもわかるようにセルライトは、細胞が関係したものです。
皮膚の下の脂肪細胞同士がくっついて固まって、鉱石のように硬くなったものをセルライトと定義することができるでしょう。

これが大きくなることで、皮膚の表面がみかんの皮のようにぼこぼこになってきます。お腹周りお尻太もも二の腕などにもできやすく、思春期以降の女性に生じることが多いと辞書では定義されています。
日本大百科全書という辞典によると、セルライトは皮膚の真皮下層にある脂肪細胞の変形が原因とされていると定義されています。

皮膚に凹凸が起きると言うの定義はどの辞書でも同じです。

血行不良代謝機能の低下などが原因として挙げられていますが、医学的な根拠としては辞書の情報だけでは、まだ少し弱い部分があるかもしれません。
しかし、言葉の定義として細胞が関係していること、そして鉱石のように何かが硬くなるということが関係しているとわかりますね。
これらは、セルライトとは何かを知る上での、キーワードになるでしょう。

セルライトの存在に医学的根拠はあるのか?

セルライトとは何か 医学 根拠 簡単にわかりやすく

セルライトについて、一度でもネットなどでリサーチしたことがある方なら聞いたことがあるかもしれませんが、実はセルライトに医学的な根拠があるのかということは、長い間論議されてきました。

ほとんど誰もが知っているワードであるにもかかわらず、セルライトがそもそも存在するのか?というのが論議されているのは面白いことですよね。

セルライトとは何か以前に、そもそもそれが医学的に根拠のあるものなのか?どうかわからなければ、どんな風に対処したら良いかと言う情報もむしろ混乱してしまいます。
セルライトに関する情報のほとんどが間違っていると言う方もいれば、セルライトは実際に医学的な根拠があるといった情報もあふれています。

専門家や医師の間でも、その原因存在ケア方法等については意見が分かれているので、より混乱している方が多いと言えるでしょう。
医学的な根拠としてセルライトは何か?といっても。皮膚の専門医からの見立てと、細胞を専門に研究している人からの見立ては異なるので、余計と混乱してしまいます。

でも今回は、長年セルライトで悩んでいるという方、気になる脂肪をなんとかしたいという方のために、できるだけ簡単にわかりやすく情報をみなさんとシェアしたいと思います。

セルライトは存在する!でも…?

まずは、簡単にわかりやすく結論から見てみましょう。セルライトに医学的根拠がはっきりとあるかと言われると、ないというのが答えです。
医学的な評価ではセルライトは異常な組織ではなく、健康的な脂肪組織だとされています。セルライトと通常の脂肪は、全く同じ構成をしているのです。

もし、セルライトは通常の脂肪とは異なる作りをしている特別な細胞だと思っていた方は、その情報には医学的な根拠は無いと考えて良いでしょう。
では。セルライトとは何か考えてみましょう。セルライトは、通常の脂肪と構成が同じで、特別なものではありませんが、形が違って見え、ボコボコしてしまう何らかの理由があります。

そして、医学的な根拠としては、セルライトは皮下脂肪が溜まったことで、その脂肪細胞から分化してい繊維芽細胞という細胞が皮膚に引っ張られた状態で、それが凸凹しているというものがあります。
病気的なものでは全くないので、セルライトという言葉自体は、医学的用語ではありません

しかし、セルライトのそのメカニズム自体ははっきりしているので、医学的に根拠のある特別な細胞ではありませんが、存在ははっきりしています。
簡単にわかりやすく言うと、通常の脂肪細胞だが何らかの原因によって、表面に凸凹して見えている脂肪細胞と言うことができるでしょう。

美容業界の作り出した情報がかなり影響している

医学的に異常な脂肪細胞ではないと言う事ははっきりしているにもかかわらず、ではなぜこれほどセルライトとは何か?ということについて、情報が混乱しているのでしょうか?
それはやはり、美容業界、またエステ業界が作り出した様々な情報によるもの、そして人々の憶測が飛び交ってしまったことが原因と言えるでしょう。

セルライトとは何かと定義する説の1つには、脂肪細胞に老廃物が溜まり、それが皮膚に押し上げられたためと言うものがあります。
しかし、老廃物が結合した脂肪細胞であれば、通常の脂肪細胞とは構成が異なることになります。

皮下脂肪が存在する場所に老廃物が溜まるという事は、何かの病気が原因でなければありえないというのが、医学的な根拠がある情報です。
ですから、セルライト自体は普通の脂肪と同じものです

ですから、簡単にわかりやすく言うと、セルライトと体重自体は関係がないというのが、医学的な根拠のある情報なのです。
ですから、いくらダイエットして体重が減っても、それに比例して必ずしもセルライトがなくなるわけではないですよね。それは、たしかに医学的な根拠のある正しい情報と言えるでしょう。

セルライトとは何か?知られていないウソ・ホント

セルライトとは何か 医学 根拠 簡単にわかりやすく

セルライトとは何か?という定義そのものにも、様々な誤解や、嘘ホントの情報があふれていることがわかりました。では、セルライトに関するケア原因特徴等に関する情報として、間違っているものは一体なんですか?セルライトとは何かということを正しく知っているだけではなく、セルライトに関する嘘の情報と本当の情報についても、正しく知っておくことが大切です。

知っておきたいセルライトの基礎知識

では、早速一般的にセルライトとは何かという定義について知られていることの中で、嘘の情報や本当の情報について、簡単にわかりやすくご紹介していきます。

1 セルライトはリンパに乗って流れている

この情報は、多くの人が信じているかもしれませんが、セルライトは実はリンパに乗って流れているわけではないと言われています。
セルライトは、リンパの流れを良くすることで、それで勝手に流れていくと言う情報を見ると、セルライトはリンパに流れるものなのだ!と感じてしまいますが、それには実は医学的な根拠はありません。

セルライトを潰すことで、それがドロドロになり、それをリンパに流して排出するというケア方法を取り入れている方は少なくありませんが、実は間違いだと言われているんです。
脂肪を減らす、セルライトを潰すと言って痛いマッサージを長く続けている人も多いのですが、それで自然と脂肪が溶けて流れていくというわけではありません。

ですから、セルライトがリンパにのって流れていくと言うのは、医学的に根拠のある情報ではないでしょう。
しかし、だからといってリンパマッサージに全く効果がないわけでもありません。なぜなら、リンパ節と細胞の細胞には、関係があるからです。

リンパとは、リンパ液と呼ばれる体液が流れている器官のことです。体内の老廃物を排出したり、むくみを解消するといった役割を担っている事は、皆さんよくご存知ですよね。
そのリンパ節がむくんでしまうと、それによって脂肪細胞だけではなく、リンパ節のむくみもセルライトの原因になっている繊維芽細胞というものを圧迫することにつながるからです。

また、マッサージをして脂肪を柔らかくすることで、脂肪をエネルギーとして使える時に体温も上がりやすくなり、脂肪を燃焼しやすくなります。
脂肪を減らすには、脂肪をエネルギーとして使うことが必要不可欠なので、セルライトに直接関係があると言う医学的な根拠はありませんが、マッサージはセルライトの解消に有効でしょう

2 セルライトは潰さなければなくならない

よくエステなどでも、セルライトをなくすために潰す感じのマッサージを宣伝していることがありますよね。
機械や手などを使って押したり、もんだりすることで、つぶしながら流していくというメカニズムを聞いたことがある方は、多いと思います。

もちろん、それらには全く医学的な根拠がなく、すべて意味がないと言うわけではありません。しかし、セルライトは潰すよりも簡単にわかりやすく言うとほぐすことの方が大切なんです。
セルライトのマッサージがとても痛く、青アザができるほど、強くもんでいるという方も、おられるかもしれません。

しかし、セルライトの原因となっている脂肪の細胞に、直接老廃物がついているわけではないので潰すと言う作業だけでは、セルライトを解消することができません
それで、脂肪を柔らかくすることの方が大切だと言えるでしょう。脂肪をほぐすことで柔らかくしていくと、冷えて固くなってしまった脂肪に比べて燃焼されやすい、柔らかい脂肪に変化します。

燃焼されやすい脂肪に変化するという事は、気になる足などの脚やせウェストの引き締めヒップアップ気になる部位のお肉を燃焼するのに助けになります。
また、意外と気づきにくい足の裏や足首なども凝っていることが多いので、ふくらはぎ等を含めて足全体、また腰全体もマッサージするのが良いでしょう。

お腹や胸、顔などもリンパマッサージをしている方が多いですが、潰すイメージではなく脂肪をほぐすと言うイメージでやさしく行うだけでも充分です。

医学的根拠がはっきりしていないこと

セルライトとは何か 医学 根拠 簡単にわかりやすく

セルライトは何かと言う点について、医学的に根拠がはっきりしているものと、そうでないものがあります。いわゆるグレーゾーンと言うものです。

実はこれ、かなりややこしい問題で、専門家の中でも医学的な根拠があるとする人もいれば、ないと主張する人もいるので、ホントのところはまだはっきりとわかっていない範囲の情報といえます。
しかし、簡単にわかりやすくいくつかよく挙げられている事の中から、専門家がどのようにセルライトとは何かという事と関連付けているのか見ていきましょう。

セルライトと遺伝には関係があるかどうか?

それほど知られている情報ではありませんが、一部の専門家の中にはセルライトと遺伝には関係があると、医学的に根拠づけようとしている方が少なくありません。

遺伝が原因の1つとなっているのか、医学的に根拠は現段階ではまだはっきりしていないとされていますが、遺伝子とセルライトとの間には、何かの関係があると仮定して、調査が進められている段階です。
しかし、遺伝的な体質があったとしても生活習慣の要素の方が大きく、あくまでもセルライトが遺伝で絶対に決まってしまうと言うわけでは無いようです。

生まれながらにセルライトができやすい体質が遺伝する事はありますが、それがセルライト出現が必ず起きると言いきれる医学的な根拠にはなりません。

毒素が関係?

体の中に老廃物毒素がたくさんたまると、セルライトができると、一般的に考えられています。
しかし、毒素そのものがセルライトの直接的な原因になるとは言えないということが、医学的に根拠のある理解だと言えるでしょう。

なぜなら、セルライトとは何か?という答えそのものが、脂肪細胞と老廃物がくっついたものではないからです。
老廃物がくっついた特別な脂肪細胞ではなく、脂肪細胞が大きくなり皮膚を引っ張ることによって起こる現象なので、毒素そのものが直接的に関係するとは考えられていません。

しかし、体の流れや脂肪細胞が大きくなることと、食事などには深く関係があるので、毒素も身体にどれだけ溜まっているかということがセルライトの悪化と関係があると言えそうです。
簡単にわかりやすく言うと、食事などが影響して体の中に取り入れられる体の中の毒素は、セルライトの直接的な原因にはならないが、悪化の原因になる可能性はあるということです。

特に、炭酸飲料乳製品など、炎症誘発性と言う働きを持つ食品が、セルライトを悪化させる可能性があると考えられていて、医学的に根拠があるのかどうか現在研究が進められている段階です。

老化とセルライトの関係性

老化は、セルライトの原因になるかどうかという事は意外と誤解されがちなのですが、多くの専門家は老化はセルライトの直接的な原因ではないと考えています。
つまり、医学的にはっきりとした根拠のある原因ではないようです。セルライトが発生する割合と年齢自体は、直接的に医学的な根拠があるとして解明されているわけではありません。

しかし、実際に年齢を重ねるにつれて、セルライトが増えているように見える、悪化しているように見えると言うのはなぜでしょうか?
それは、年齢を重ねることにより、肌のハリを失い、皮膚がたるむことにより、セルライトが目立ちやすくなったということが原因とされています。

また、脂肪細胞が大きくなることがセルライトの直接的な原因ですが、年齢を重ねることで代謝が低下し、脂肪細胞も大きくなりやすいと言えるでしょう。
年齢を重ねることがセルライトの直接的な発生原因にはならないというのが、医学的な根拠のあるの意見です。

簡単にわかりやすく言うと年齢を重ねることだけが原因でセルライトは悪化しないが、皮膚のたるみや代謝の低下が原因で、セルライトが目立ちやすくなることがあると言えるでしょう。

セルライトとは何か?簡単にわかりやすくまとめ

ここまで、セルライトとは何か?医学的に根拠のある情報!また今の時点では医学的に根拠があるのかどうかはっきりしていない情報などを比べて、考えてきました。
セルライトとは何か?を簡単にわかりやすく知ることで、長年悩んでいたセルライトの正体がはっきり分かり、どんなふうにアプローチすれば改善されるのか?というのも答えが見つけやすくなります。
ですから、対策方法やセルライトのケアについて、むやみやたらと情報を探る前に、セルライトとは何か?を簡単にわかりやすく知る必要があるのです。

では、ここでわかりやすく復習してみましょう。

セルライトとは、脂肪細胞に老廃物などがついてしまった特別な脂肪組織の事ではありません。
簡単にわかりやすく言うと、脂肪が脂肪細胞が大きくなりすぎて他の細胞が皮膚のほうに引っ張られた状態といえます。

皮膚のほうに引っ張られたその他の細胞が凸凹しているように見えます。ですから、セルライトと呼ばれる異常な組織自体が存在するわけではありません。

セルライトとして表面に現れている脂肪細胞は、健康的な数値脂肪組織と言えるでしょう。ですから、病気的なものではありません
病的脂肪組織ではないために、医学的に根拠がないと言われることがあります。しかし、そのような根拠がないからといって、セルライト自体が存在しないのかと言われるとそれも違うのです。

簡単にわかりやすく言うと、セルライトと言う現象は存在しますが、セルライトと言う種類の脂肪細胞は存在しないということです。

この記事を書いている人 - WRITER -