自宅で簡単にできるセルライト除去・マッサージ方法をはじめ、おすすめのセルライトを消すエステやマシン・器具、スパッツ、クリームやサプリの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。セルライト除去でお悩みの方はぜひご覧ください。

セルライトの原因は食べ物だった?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こちらではセルライトの原因となる食べ物、食品、食材などを紹介しています。
セルライトが出来てしまい原因となる飲み物やお菓子などに興味がある方はぜひご覧になって下さい。

セルライトが出来る原因となる食べ物:スイーツ

セルライト 原因 食べ物

スイーツはとても美味しく、ついつい食べてしまうものですが、やはりダイエット、そしてセルライトなどの美容の観点で考えるとおすすめ出来ません。
ではどうしてスイーツがセルライトの原因となるのか、その理由となる食材を紹介していきましょう。

小麦粉

美味しいスイーツに使われているものというと小麦粉になります。
小麦粉自体はそれほど意識されるものではないかと思いますが、お菓子のベースとなり、どうしてもスイーツとは切り離せないものです。

ではなぜ小麦粉がセルライトの原因の食べ物なのかというと、小麦粉自体が排出されにくい食べ物だと言えるからです。
その結果老廃物となってしまい、セルライトの原因となると言う事になります。

さらに、小麦粉は脂肪ととても相性が良いのです。
相性が良いといっても良くない意味になります。
太る為にとても相性がよく、揚げ物などをダイエット中に避ける理由も同じ事と言えるでしょう。

太りやすく、そしてセルライトになりやすいのが小麦粉となります。
低糖質ダイエットとまできちんとしなくても良いかもしれませんが、少し意識して控える必要があるでしょう。

白砂糖

スイーツというと白砂糖と言えるのではないでしょうか?
最近では黒砂糖などを利用をしているスイーツも増えてきていますが、基本的には白砂糖となります。

最近はかなり知られてきていますが、砂糖、特に精製された白砂糖には中毒性があると言われているのはご存知でしょうか?
そして、砂糖、特に白砂糖は体に害しかもたらさない、とまで言われているのです。

どうしてそのように言われているのかというと、悪玉菌の餌となり、がんの原因ともなり、そしてむくみ頭痛イライラさせ、糖尿病の原因にもなります。
むくみやストレスは、余計な肥満の元となりますし、悪玉菌の餌となる事で腸内環境が悪化し、太りやすく、必要な栄養が吸収出来ない状態になります。

このように白砂糖はダイエットや健康という点においてもよくありませんし、むくみの原因となる事で、直接的なセルライトが出来る原因ともなっています。

生クリーム

スイーツといえば生クリーム!と、言えるほどに、ふわふわの甘い生クリームがのったスイーツは幸せな気分をもたらしてくれます。
しかし、そのふわふわとした見た目とは裏腹に、脂の塊とも言うことが出来、カロリーの塊でもあります。

当然理解をして食べているのですが、ついつい食べてしまうのがスイーツの恐ろしいところです。
脂肪がある所にセルライトは出来ますので、脂肪を蓄える直接的な原因となる生クリームはセルライトが出来る食材と言うことが出来ます。

セルライトの原因となる食品:ジャンクフード

セルライト 原因 食べ物

セルライトが出来る理由となってしまう食べ物の1つがジャンクフードになります。
名前からもわかるかと思いますが、簡単に食べれて手軽でよいのですが、栄養価は期待をする事は出来ません。
それどころか、セルライトが増える原因になってしまう食べ物と言えます。

ではどうしてジャンクフードがセルライトの原因になるのかを紹介していきましょう。

添加物

ジャンクフードはとても添加物が多くなります。
扱いやすい食品を加工して作られているものですので、原材料の時点で添加物が入っている可能性も当然否定出来ません。

ではなぜ添加物がセルライトの原因となるのかというと、内臓に負担がかかることがあげられます。
特に肝臓、膵臓などによって添加物は解毒していきますので、そこに負担がかかり、適切な消化をすることがしづらくなっていきます。
その結果、酵素が不足し、ちゃんと代謝が出来なくなり、水分老廃物脂肪をためこむ体になっていってしまうのです。

トランス脂肪酸

日本でも最近トランス脂肪酸を避ける人が増えてきたのではないでしょうか?
しかし、海外ではすでにトランス脂肪酸を禁止しているような国もあるようです。
それほどまでに体に害があると言われているのがトランス脂肪酸となります。

トランス脂肪酸はマーガリンなどに多く含まれており、簡単にいうとプラスチックを食べているようなものと例えることが出来ます。
事実かどうかは定かではありませんが、ゴキブリですら食べないという冗談もあるほどに、トランス脂肪酸は悪影響を及ぼすものといえるようです。

そして、このトランス脂肪酸は本来の脂肪の働きをしてくれません。
脂肪というとどうしても避けるべきという印象もありますが、決してそうではなく、必要なものもあります。

脂溶性ビタミンなどもありますし、エネルギー源として使われたり、神経細胞の膜になってくれたりと、きちんとした意味があって存在をしています。
しかし、トランス脂肪酸はそういった働きをしませんので、ただ脂肪として貯蓄されるだけ、セルライトの原因となるだけの脂肪となります。
そのため、トランス脂肪酸が多く使われているようなジャンクフードは避けておきたい所です。

塩分

ジャンクフードが好きという人は、やはりあのハッキリとした濃い味が好きという方が多い事でしょう。
そしてあの濃い味つけの基本は塩となる事でしょう。

塩も脂肪も同様に、人間には必要なものです。
特に夏場、身体をよく動かす人には欠かせない成分です。
しかし、何事もとりすぎはよくなく、もともと日本人は塩分摂取過多の傾向にあります。

そういった食生活をベースにしていて、その上さらにジャンクフードを摂取する機会が多いと、どうしても日常的に塩分をとりすぎの状態になってしまいます。

ではそんな塩分がどのようにセルライトにつながるのかというと、むくみやすくなるというのが大きな理由となります。
セルライトができやすくなる原因として、運動不足むくみ血行不良などがあげられるかとおもいますが、塩分をとるとダイレクトにむくみやすくなります。

人間の体は塩分を必要とはしますが、塩分濃度は一定である必要があります。
そのため、塩分の摂取量が多い場合、塩分濃度を一定にしようとする事で、水分を溜め込んでいきます。
その結果、身体がむくむ事になります。

老廃物をちゃんと排出出来なくなり、足全体も太くなりますし、セルライトにもつながっていきます。
もちろん、健康にもよくありません。
上にあげたトランス脂肪酸と合わさる事で、心臓への悪影響も非常に高くなりますし、血管への負担も大きくなります。

セルライトの原因となる飲み物:コーヒー・アルコール

セルライト 原因 食べ物

セルライトの原因となるのは、食べ物だけではありません。
飲み物にも多くのセルライトの原因となってしまうものが隠れています。

各種アルコール

各種アルコールは、セルライトの原因となります。
アルコールは利尿作用がありますので、体内の水分が減ってしまいます。
その結果、身体が余計に反応をして水分を溜め込もうとしていく事になります。

結果的にむくみやすくなり、セルライトにつながっていく事になるのです。

また、アルコールだけではなく、お酒の場というのが、ダイエットやセルライト解消にふさわしくないというのも言える事でしょう。
多くのカロリーが高く、塩分、脂分が高いものが多いのも原因となります。

お酒で気が緩んだ所に、そういったものをたくさん食べてしまい後悔すると言う事も少なくないでしょう。
ほどほどに飲める場合はたまには良いですが、あまり自制心がきかないかも?と言う方は、基本的にはお酒の場は避けておきたい所となります。

炭酸飲料・清涼飲料水等

一般的な炭酸飲料、清涼飲料水なども、やはりセルライトの原因となります。
理由は2つあり、1つ目は添加物なども少なくないと言う事でしょう。

最近ではカロリーゼロのものもありますが、それでも甘みを感じるという事は、そういった工夫がされていると言う事になります。

さらに、インターネットなどで画像を見たことがある方も多いかもしれませんが、500ml1本あたりに白砂糖が何個という程の糖分が含まれているのです。
カロリーがある程度抑えられているようで、糖分がとても高く、セルライトにつながりやすいのが大半の炭酸飲料であり、清涼飲料水になります。
また、ダラダラと飲む事で、常に糖分を摂取している事となりますので、身体にも、また口腔環境にもよくありません。

カフェインを含む飲み物

セルライトという観点で考えた場合、カフェインを含む飲み物も気をつける必要があります。
カフェインは脂肪の燃焼をよくしてくれますし、集中力を高める効果もあります。
そのため、スマートドラッグとしての一面もあるほどです。

しかし、利尿作用が非常に高いという点が悪い方向にも働いてしまう可能性があります。
利尿作用が高い飲み物を頻繁に摂取すると、身体が常に水分を溜め込もうという状態になってしまいます。
その結果必要以上に水分を溜め込んでしまい、日常的にむくんでしまうと言う結果になるのです。

また、水分を常に摂取しつづける事で、身体がひえてしまいますので、余計にセルライトにも悪影響となるでしょう。
上手に使うとダイエットにも効果的なのですが、取り過ぎないようにする必要があるのがカフェインになります。

セルライトを作らない為のポイントとは?

セルライト 原因 食べ物

セルライトの原因になる食べものや食材、飲み物、お菓子などを紹介してきましたが、なかなか気をつけるのは難しいものです。
決意だけで気をつけていくのは難しいかもしれませんので、ちょっとしたポイントを考えていく必要があります。

1度自分で作ってみる

特にスイーツなどの場合に有効なのですが、1度自分で作ってみるというのはとても有効となります。
多くのスイーツの場合、大体バターが50g~130g、砂糖が100g~、小麦粉が300g前後など必要になります。
そこにチョコレートやナッツ類、さらにオイルをつかったり、アーモンドプードルを使ったりもします。

そして極めつけは生クリームです。
ケーキのデコレーションなどは、生クリーム1パック丸々使いますので、そのカロリー、油脂類は目をみはるものがあるでしょう。

実際に作るのが面倒くさい場合は、レシピを見ながら材料を手にとってみて、カロリー脂質糖質などを確認してみるのも良いでしょう。
そのカロリーや、糖質、脂質の多さを確認したら、頻繁に、気軽にスイーツを食べようと言う気持ちは抑えられるようになるかもしれません。

数日だけ、徹底的に我慢する

3日間から1週間程度、この間だけ、と決めて徹底的に我慢をしてみるのも良いと思います。
中毒性が非常に高いのが、砂糖や小麦粉などの特徴です。
この数日間は非常に大変だと思います。

しかし乗り越えてしまえば、意外にそこまで食べなくても平気になったりしますので、一度だけ、ちょっとだけ頑張って我慢をしてみると生活を変えられるかもしれません。
そして、我慢できた!という自信もその後につながっていく事でしょう。

せめてローテーションにしましょう

ジャンクフードも、スイーツも、アルコールもやめられない。
そう言う事もあるでしょう。
その場合は、せめて1日で全部食べるような生活はしない、という風にしていきましょう。

今日はジャンクフードを食べてしまったから、他のアルコールやスイーツは我慢をする、といったようにセルライトの原因の食べ物などは色々食べすぎないようにしていく事です。
本当は全部やめれたら良いですし、野菜とタンパク質をメインに過ごせるに越したことはありません。
ただ無理なのであれば、ちょっとだけ我慢する、というふうにしていってみてはいかがでしょうか?

最後に

基本的にセルライトの原因となる食べ物、飲み物、お菓子などは身体にわるいものばかりと考える事が出来ます。
ですので、長い目で健康的な生活をしよう、というふうに考えていくと、深く考えなくてもセルライトの原因となる食べ物はとらないでいける事かと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -