自宅で簡単にできるセルライト除去・マッサージ方法をはじめ、おすすめのセルライトを消すエステやマシン・器具、スパッツ、クリームやサプリの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。セルライト除去でお悩みの方はぜひご覧ください。

セルライトと女性ホルモンの関係性について|女性ホルモンが原因?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

女性ホルモンとセルライトは深い関係があります
今回調べてみるとセルライトや脂肪には、重大な役割を担っていることがわかりました!

なぜセルライトが増えてしまうのか?

私たちの体にどのような影響があるのかを調べてみました。

女性ホルモンとセルライトの関係について

女性ホルモンは女性の体の中では卵巣の中で作られます。

ホルモンの分泌はきちんと脳内で管理されています。

今回は、ホルモンの中でもエストロゲンプロゲステロンについて話を進めていきます。

エストロゲンの働き

まず女性ホルモンの代表ともいえるエストロゲンなんですが、女性らしい体を作り出すホルモンです。

例えば美しい肌にしたり、女性らしい丸みのある体を作ってくれるのもこのホルモンです。

他にも精神安定に一役買ったり、女性にとってはなくてはならないホルモンがエストロゲンです。

プロゲステロンの働き

プロゲステロンは主に、妊娠出産のためのホルモンです。

妊娠の準備をしたり月経の排泄をしたり、妊娠のために働いたりと忙しいホルモンです。

このホルモンが正常に働いていないと私たちは子孫を残すことができません。

女性の体つきとは異なりますが、女性の機能を正常に動かしている大切なホルモンなんですね。

具体的に何がセルライトと関係あるのか?

女性ホルモンの働きはわかりましたが、セルライトと具体的にどのような関係があるのでしょうか?

女性は誰でも閉経をむかえます。

閉経を迎えると女性は卵巣で作られていた女性ホルモンの生成が、ほとんどストップしてしまうんですね。

この時期にホルモンのバランスが崩れて、脂肪がつきやすくなると考えられていました。

けれども本当はもっと別の理由だったんですよ!

驚きの事実!脂肪から女性ホルモンが生まれる?

セルライト 女性ホルモン

実は女性ホルモンは、脂肪細胞からも生み出すことができるんですね!

私はこれを聞いた時に心底驚きました。

今まで健康の害でしかないと思っていたセルライトや脂肪が、女性ホルモンを蓄えたり生み出す働きがあるんですね!

どうして脂肪が女性ホルモンを生み出すのかはよく分かりませんが、生命の神秘です!

それくらいに驚愕の事実です!

どうしても40代後半になると、だんだんと女性ホルモンの分泌量が少なくなってきます。

人間の体は敏感に反応して、正常に体が動けるように脂肪を増やすんですね。

今まで脂肪は悪いものと思っていましたが、女性にとってはなくてはならないエストロゲンを生み出す貴重な物質だったんですね!

体を重ねると皆さん太りやすくなります。

太ってくると色々と困っていましたが、きちんとした体のメカニズムがありました。

エストロゲンの代わりを脂肪が引き受けていたなんて、人間の身体は素晴らしいです。

本当に脂肪が女性ホルモンを作っているなんて驚きです!

痩せている人よりも太っている人の方が楽?

女性は50代くらいになると更年期障害で悩む人が多いです。

更年期障害は女性ホルモンの分泌が少なくなることで起こります。

けれども更年期障害で悩む人は、ほとんどの人が痩せ型の人ばかりだという事実があるんです。

なぜだろうと思っていたんですが、痩せていて脂肪細胞が少ない人は女性ホルモンを生み出すことができないです。

反対に元々太っている人は、生み出す素がたくさんあるので女性ホルモンがそんなに少なくなりません。

ふっくらさんは、女性ホルモンのコントロールがしやすいというわけですね。

この太っているというのも、中肉中背ぐらいがちょうどいいんですね。

あまりにも太りすぎて、体が動かないレベルまで太る必要はありません。

普通の人よりも少し脂肪が多いくらいで十分だと言われています。

これくらいの脂肪だと更年期障害の影響をあまり受けずに済むそうです。

男性にも女性ホルモンが関係あるのか

セルライト 女性ホルモン

男性のセルライトと、女性ホルモンの関係はほとんどありません。

男性の体の中でも女性ホルモンは生成されています。

女性ホルモンの分泌される量は一生を通してほとんど変わりがありません。

女性と違って月の中で何度もホルモンの量が変わったり、年齢によってホルモンの生成が変わることは男性はありません。

ホルモンによっての変化がないので、男性のセルライトと女性ホルモンの関係は全くないと言っていいでしょう。

関係ないからと言って、めちゃくちゃな食生活をしているとセルライトはすぐに増えます。

男性のセルライトは運動不足生活習慣ストレスなどが大きな原因になっています。

女性ホルモンが動くときは癌にもなりやすい

今回は女性ホルモンとセルライトの関係なんですが、もう一つ大きな危険もあります。

女性ホルモンが大きく動く時は、乳がん子宮がんなどの女性特有のがんになりやすい時です。

女性の場合は30代後半から早い人で更年期障害になります。

30代後半から40代いっぱいは、乳がんや子宮がんのリスクがとても高い時期になるんです。

この時期はセルライトも気になりますが、子宮癌検診や乳がん検診なども意欲的に受けましょう

女性ホルモンのためにセルライトは放置するべきか?

セルライトが50代から増えるのは、女性ホルモンのためということがわかりました。

それならば、増えていくセルライトを放置するべきなのでしょうか?

答えから出すとセルライトは、普通のやり方では消すことができません。

一度付いてしまったセルライトは、医学的には取り除くことができないと言われています。

けれども日々の努力で脂肪細胞を小さくしたり、これ以上増やすのを防ぐことはできます。

セルライトを放置していると間違いなく冷え性が進みます。

冷えは癌やすべての病気を引き起こす要因になります。

あまり病気にはなりたくないので、セルライトが増え始めたら自分の健康に気をつけましょう。

運動を趣味に取り入れる

セルライト 女性ホルモン

セルライトはエステや病院に行かない限り、完全に取り除くことはできません。

けれども運動をすることで、セルライトの周りにある筋肉を鍛えて冷え性を改善することができます。

冷え性が改善できれば、血液の巡りも良くなるので体が温かくなります。

体が温かくなると脂肪細胞を燃焼しやすくなります。

セルライト自体は完全になくなることはありませんが、脂肪細胞の間に隙間を作ることはできます。

脂肪細胞の間に隙間ができると血管が通ったり、老廃物を流すリンパ管が流れることができます。

このことで頑固なセルライトも少しずつ、小さくすることができるんですね。

食事でセルライトを小さくしていく

セルライトの原因は食習慣冷えストレスなどと言われています。

その中でも食事の影響は絶大なもので、食事がほとんどのわけではないかと言われています。

日本人は毎日の食事で食べ過ぎています。

昔は腹八分目でやめられていたのに、現代人は付き合いなどで食べ過ぎてしまいます。

食べ過ぎた食事は脂肪に変わって体の中に貯められて行きます。

脂肪は内臓脂肪になったり、セルライトなどに変化したりして蓄積していきます。

蓄積しないように日々の食事を見直すといいですね。

とにかく脂肪をあまり取らないように気をつけます。

脂肪にすぐに変化する砂糖も極力取らないように気をつけます。

砂糖は色々なものに含まれていますよ、サラダやお惣菜にもたくさん使われています。

市販のおかずをいつも買っていると、砂糖の摂りすぎで知らないうちにセルライトを貯めてしまうんですよ。

口に入れる食事も注意が必要です。

40代を過ぎたら根菜類を中心にとるようにする

根菜類は炭水化物が入っていて、糖質に変わりやすいものです。

けれども野菜の根菜類は、食物繊維ビタミンなどがたっぷり含まれています。

食事をする前に根菜類などを先に食べて、それから白米などを食べるようにするといいですよ。

いきなり白米を食べ始めると、白米の中に含まれる糖質がダイレクトに体内に溜められます。

食べる順番を変えるだけで、セルライトが体に蓄積するのを防ぐことができるんですね。

根菜類は便利な冷凍食品で売られています。

冷凍食品なら忙しい人でも手軽に食べることができますね。

セルライトが増えるとこのような害がある

セルライト 女性ホルモン

女性ホルモンの代わりとなるものを分泌してくれる脂肪細胞なんですが、デメリットもあります。

脂肪が増えすぎてしまうと、女性の場合冷え性が進んでしまいます。

冷え性が進んでしまうと、病気になった時の免疫が落ちてしまいます。

足や膝の周りにセルライトがつくのも問題です。

足の部分にセルライトが大量に付いてしまうと、歩くことが困難になってきます。

脂肪がついた足をかばうように体を揺らしていると、姿勢が悪くなってしまいます。

膝が悪くなったり、腰にも負担がかかってしまいます。

腰に負担がかかりすぎると曲がってしまって、そのまま戻らなくなってしまいます。

女性ホルモンを作ってくれる脂肪なんですが、ありすぎると間違いなく体に害を及ぼします

なんでもほどほどがちょうどいいので、脂肪がつき始めたら運動を始めたり食事にも気をつけましょう。

そのまま放置していると、動くのが面倒になってきます。

さらに放置していると歩けなくなってしまうので、早めに対処するのがいいですよ。

女性ホルモンとセルライトのまとめ

害ばかりあると思っていたセルライトは、体の機能を正常に保つためということがわかりました。

セルライトや脂肪が50代以降に多くなるのは、無くなってしまった女性ホルモンを補うためだったんですね!

補うために必要な志望なんですが、たくさんは必要ないので増えすぎたら少なくするように努力しなければなりません

女性の危険をまとめると

  1. ①セルライトや脂肪も少しは必要なんですが、放置すると増えすぎる。
  2. ②セルライトはなくすことはできないが運動や食事療法で小さくすることができる。
  3. ③セルライトが大量に増えるときは、女性特有の病気のリスクも高まる。

ということがわかりました。

何でもほどほどにするのが一番いいんですね。

これに当てはまらずに10代の女子が、いきなりセルライトが増えるのは別の病気である可能性もあります。

何か劇的な変化が起きたら、迷わず病院に相談しましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -