自宅で簡単にできるセルライト除去・マッサージ方法をはじめ、おすすめのセルライトを消すエステやマシン・器具、スパッツ、クリームやサプリの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。セルライト除去でお悩みの方はぜひご覧ください。

セルライトの症状を徹底解説|セルライトができるとこんな症状が…

 
セルライトの症状を徹底解説
この記事を書いている人 - WRITER -

セルライトはどういうものなのでしょうか?

どのような症状で、何が原因なのか?
どのような人がなりやすいのかを調べてみました

セルライトとはどういうものなのか?

セルライトの症状を徹底解説

皮下脂肪細胞の部分に、脂肪と老廃物とコラーゲンが絡まりあったものです。

私たちの皮膚の下には、衝撃を守るためや温度を保つために脂肪が蓄えられています。

本来これらの脂肪は、隙間がきちんと空いていてコラーゲンが繊維型になり上手に絡み合っています。

健康な状態の脂肪細胞は、コラーゲンなどの間から血液が通ったりリンパが通ったりしているんです。

正常な状態の時には、隙間が空いていて色々な物が通れる状態になっているんですね。

健康な状態なら、老廃物を流したりすることもできます。

これが異常な状態になったのがセルライトと呼ばれる部分です。

セルライトにあまり種類はないのですが、小さいポコポコは軽症で、大きくなるとボコボコになるので重症と言われます。

この状態になった皮下脂肪細胞は、老廃物と重なり合いコラーゲン繊維を圧迫します。

健康な時には栄養のための隙間があるのですが、異常な状態のセルライトの症状が出たら隙間はなくなります。

このような状態になってしまうと、セルライトを栄養として使うことはほとんどありません。

脂肪を栄養として使うには血管やリンパなどが必要になるのですが、それが出来なくなります。

肥大した脂肪細胞は、繊維細胞などを圧迫して大きく肥大してしまいます。

この異常に肥大した症状がセルライトになります。

驚きの事実!セルライトはコラーゲンと混ざり合っていた!

セルライトの原因は老廃物だった?

セルライトといえば脂肪だけのイメージがあります。

けれども実際のセルライトは、異常なコラーゲン繊維が絡みついた状態になります。

皮膚の下にはコラーゲンや脂肪が健康な状態であります。

これが異常な状態になってしまうと、コラーゲン脂肪細胞と一緒に老廃物を巻き込みます。

老廃物とは皮膚のごみや、コラーゲンの細胞などの老廃物が溜まったものを指します。

通常ならゴミがたまらずに緩やかにリンパの流れに乗って、体の外に排泄されていきます。

これができずに異常な状態になったのがセルライトという症状です。

状態の時にはコラーゲンが通常の働きをできなくなっています。

コラーゲンには弾力や保湿などの役目があるので、それが出来ないと皮膚にもダメージを与えてしまいます。

なぜセルライトは男性にもできるのか

セルライトの症状を徹底解説

セルライトといえば女性につきやすいというイメージですが、男性にももちろん付きます。

男性の場合は、女性と同じように腹部、おしり、太もも、二の腕、ふくらはぎなどによく付きます。

女性の場合と違うところは、女性は月経があり月経の前にセルライトがつきやすくなる傾向にあります。

男性の場合は、たくさん食べ過ぎて運動しなければできるという感じで時期に違いはありません。

男性の場合は女性と違って、元々の筋肉の量も違います。

骨の量も圧倒的に多いので、女性と比べてセルライトが付きにくくなっています。

男性の方がつきにくいからといって、楽をしているとすぐにセルライトが大量につくようになってしまいます。

セルライトの症状が進行しないように、男性も努力をしないといけないです。

子供や赤ちゃんにもセルライトができている

セルライトの症状を徹底解説

セルライトなんですが、大人に関係なく子供や赤ちゃんにもできます。

年齢に関係なくできるのがセルライトなんです。

赤ちゃんにもできてしまうのですが、大人のセルライトと違う部分は、すぐに無くなってしまうところです。

赤ちゃんにできているセルライトは、ハイハイを始めたり歩き始めたり運動量が増えるとすぐに目立たなくなります。

大人のセルライトと違うところは、まだまだ柔らかくみずみずしいところです。

セルライトの症状は出ているのですが、症状が軽いのですぐに消える可能性もあります。

小学生の肥満が増えている

セルライトの症状を徹底解説

小学生の肥満が少しだけ増えていて、肥満と言うかセルライトなんです。

痩せている体型の子でも、身体全体的にセルライトの症状が広がっている子供が増えています。

これは食べている食事、生活習慣、睡眠時間などが大きく関係していることが理由です。

習慣の乱れがセルライトに深く関係しているので、セルライトが多く見られる子供は早く眠るように指導されます。

子供の成長ホルモンは夜の10時から脳内で出されます。

その時間になるべく眠るようにしていると、セルライトの症状が軽くなります。

脂肪細胞は一生のうちに2回肥大すると言われています。

この肥大するシーズンに太っていると、その後も脂肪細胞がつきやすくなってしまいます。

脂肪が肥大するシーズンは、生まれてすぐの授乳期です。

中学生頃に訪れるので、小学生高学年から中学生に向かってセルライトがたくさんついていると要注意です。

この時期はセルライトが増えやすくなるので、一生の体の中の脂肪細胞の量が決まるんですね。

なるべくこの期間は規則正しい生活を心がけるようにすると良いでしょう。

この時期はとても大切な時なので、親が心がけてあげるといいですね。

大人になるとセルライトができやすくなる

セルライトの症状を徹底解説

大人の女性の場合は、ものすごくセルライトがつきやすくなってしまいます。

セルライトは年齢に関係なくできるものなのですが、特に女性の場合は更年期に入ると出来やすいです。

更年期に入ると徐々にホルモンのバランスが変わっていきます。

ホルモンのバランスが変わった影響で、セルライトがますますつきやすくなってしまいます。

40代以上になるとセルライトにご用心

セルライトの症状を徹底解説

40代を超えると女性の新陳代謝はかなり落ちてきます。

それまで当たり前のように出来たきたことが、できなくなる時もあります。

更年期の影響でほてりが出るようになったり、突然のめまいに襲われることもあります。

そんな時期なのに、何を食べてもセルライトの症状が出やすくなるんです。

セルライトの症状が出やすくなるのは、砂糖が大きな原因とも言われています。

砂糖なんて脂肪と全く関係ないように思います。

確かに砂糖だけでは、脂肪に変わらないように思えます。

けれども大量に摂りすぎた砂糖は、体の中で脂肪に分解されて皮下脂肪として貯められます。

体の中でどこにも行き場がなくなったら、砂糖は排泄されるのではなく脂肪として蓄積するんですね。

これがセルライトの症状となって出てきます。

砂糖というのは、お菓子などももちろんそうなのですが、ジュースなどの甘いものが原因になります。

ジュースの中には見えないですが砂糖が大量に含まれています。

スポーツドリンクの中にも大量に入っています。

この砂糖達がセルライトの症状を重くしていると言われています。

飲み物なんて全く気にしませんけれど、その中に含まれている砂糖が重要だったんですね。

対処法は毎日ジュースを飲まないようにする。

ジュースを飲んだ時は他の砂糖の摂取を抑えるようにするといいですね。

セルライトの症状が重くなるとどうなる?

セルライトの症状を徹底解説

セルライトの症状は始めは、ポコポコとした小さなものです。

小さな塊なので気が付かない人も多いです。

次第に脂肪球が大きくなっていて、ボコボコとした大きな塊ができるようになります。

こうなってしまうと末期の状態なので、運動や生活習慣などではどうにもならなくなります。

美容整形の先生が、セルライトを完全に取り除くことは無理だと言われています。

セルライトが大量にある人が病院で処置してもらったとしても、すぐにまた新しいセルライトができてしまうからだそうです。

セルライトをなくすには、病院で処置をしてもらいながら自分の根本的な生活習慣まで見直さないと無理なようです。

ダイエットとセルライトを除去するのは別物だと言われています。

男女に関係なく、セルライトができてしまうと取り除くのは難しいようです。

セルライトが多くなるとこんな症状が現れる

セルライトの症状を徹底解説

体の中のセルライトの量が増え始めると、老廃物を体の外に出すのがだんだんできなくなってきます。

セルライトの間には、老廃物などを流してくれるリンパの管が入りにくくなっています。

この状態で起こってしまう症状は、冷え性などです。

なんだ体が冷たくなるだけか、と安心してしまう人もいるかもしれません。

冷え性はとても恐ろしいですよ。

癌の細胞などは、35℃くらいの体温の人がなりやすいと言われています。

反対に高い体温の人は、癌の細胞を作りにくいので増えにくいと言われています。

今は二人に一人が癌になる時代と言われているので、先の健康状態を良くするにも冷え性は良くないです。

癌まで関係してくると本当に怖いです。

なるべく自分の体温を高くして、出来るだけ癌にはなりたくないですね。

冷え性を予防するには、セルライトをできるだけ少なくしてこれ以上増えないようにする必要があります。

今現在あるセルライトを取り除くのは難しいのですが、これ以上増えないように、今ある脂肪細胞を小さくすることは可能なんですよ。

当たり前の話なんですがセルライトを取り除くには、毎日の食習慣、生活習慣、睡眠時間などが大きく関係してきます。

結局規則正しい生活を送らないと、セルライトはどんどん増えてしまうということになるんですね。

セルライトの症状が重くなってしまうと、病院で処置するとか自分で取り除くのが困難になります。

どうしても難しい場合は美容整形の力を借りたり、病院の先生の助言のもとに努力するのいいですね。

一番良くないのは自分勝手な方法で、適当に注射器をさして脂肪球を出す人がいるそうです。

海外の人の話なので、日本人にはあまり関係なさそうですがこれは恐ろしいです。

やっぱり体にメスを入れるのではなく、出来る限り生活習慣で防いでいきたいと思う人が多いですね。

怖い方法でセルライトを壊したい気持ちも分かります。

でも出来れば健康に取り除きたいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です