自宅で簡単にできるセルライト除去・マッサージ方法をはじめ、おすすめのセルライトを消すエステやマシン・器具、スパッツ、クリームやサプリの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。セルライト除去でお悩みの方はぜひご覧ください。

セルライトの原因は食事にある?気になる原因を徹底解説します

 
セルライトの原因は食事にある?
この記事を書いている人 - WRITER -

セルライトに悩んでいる女性は多いはず。

何が原因でセルライトができてしまうのか?
普段の生活の中で何が悪いのかなどを調べてみました。

そもそもセルライトとは何なのか

セルライトの原因は食事にある?

セルライトは脂肪細胞が肥大したものを指したり、脂肪細胞の周りに溜まった老廃物のことを指したりします。

簡単に一言で言えば、体にとって不必要な脂肪とゴミの塊です。

美容サイトではセルライトのことを脂肪ではなく老廃物の塊という風に言うこともあります。

脂肪がたまることによって最後老廃物が捨てられないので、脂肪が多くなるとゴミもたまります。

セルライトの大きな原因は食事にある?

セルライトの原因は食事にある?

セルライトの原因は、運動不足、食習慣、生活習慣だと言われています。

その中でも食事が大きな原因の一つで、毎日食べているものでセルライトよりが多くなると考えられます。

今日食べている食事は2年後の自分の体をつくるといわれています。

そんなふうに考えると、毎日食べている食事が自分の体を作っているんだなと、食事に対しての考え方が変わりそうです。

何を食べたらセルライトが多くなってしまうのか

セルライトはどのような食事が原因でなってしまうのでしょうか?

脂肪だらけの肉を食べるとなるのか?

欧米化の食事が原因なのか気になりますね。

どうやら、肉ばかりを食べるだけが原因では無いようです。

確かに油ものの多い食事も原因なのですが、好きなものばかり食べるような偏食もよくないようです。

白い食べ物に原因がある?

セルライトの原因は食事にある?

一応栄養士の資格を持っている私達栄養士の考えでは、白い食べ物がセルライトを増やすと思います。

白い食べ物とは白米、白砂糖、白いパン、麺類パスタなどの白い食べ物が挙げられます。

今あげた白い食べ物の中には、炭水化物や糖分がたっぷり入っているのですが、食物繊維やビタミンがほとんどありません。

そうなんです!セルライトは食物繊維やビタミンが足りないとますます増えます。

確かに私たちの好きな白い食べ物には、食物繊維が足りないです。

白米よりも玄米、雑穀米、白砂糖よりも黒糖やきび砂糖など食べるようにするとビタミンや食物繊維なども取れます。

毎日何気なく食べているものを振り返ってみると、セルライトが増えそうなものばかり食べている人も多いでしょう。

新米などはとても美味しいので食べ過ぎてしまいますが、炭水化物の摂りすぎもセルライトの大きな原因の一つです。

反対に白い食べ物を食べていたとしても、食事のバランスをよく考えて野菜などをたっぷり食べている人はセルライトがつきにくいです。

すべての白い食べ物が好きな人に、セルライトが付きやすいというわけではありません。

極端に食べ過ぎてしまう人に多くなるといわれています。

脂肪の多い食事も良くない

セルライトの原因は食事にある?

セルライトを増やしてしまう原因の一つに、脂肪の多い料理も良くないです。

揚げ物、ファーストフード、洋菓子、スナック菓子などにも脂肪がたっぷり含まれています。

家で作ったものではなく、外で買った食事には油以上に老廃物のもともたくさん含まれています。

脂肪と一緒に添加物をとると、添加物に含まれる体に不要なゴミが取り込まれます。

その不要なゴミが上手に排泄されなくて、脂肪の周りにくっついてセルライトが成長します。

細胞はどんどん肥大していくので、一度肥大してしまったセルライトを元に戻すのはとても大変なんです。

特に最近注目されているのは洋菓子や菓子パンです。

洋菓子といえば生クリームやバターがたくさん使われていて、その中に脂肪がたっぷり含まれています。

しかも洋菓子の中には、脂肪だけではなく小麦粉を使っているので糖分と炭水化物のコラボレーションでセルライトがますます出来やすくなってしまいます。

テレビのコマーシャルでも言われていますが糖と脂肪がコラボすると強力です。

これこそがデブやセルライトを作りやすくすると敵視されているので、このコラボには十分に気をつけましょう。

セルライトの原因になってしまうレシピやメニュー

セルライトの原因は食事にある?

セルライトの原因になってしまうレシピはフライドチキンやフライドポテトなど揚げ物が多いです。

メニューや献立を考える時に、揚げ物にする場合は衣を少なくするように考えるといいですね。

一番セルライトの増やす原因になる料理はパスタだと言われます。

なぜパスタなんでしょう?

パスタ料理は白い食べ物の一つである麺と、ソースに油や生クリームバターなどの脂肪をたっぷり使います。

この料理はほぼビタミンや野菜を取ることができないので、セルライトの原因に近くなります。

私もパスタが大好きなんですが、確かに作っているとほぼ野菜を使いません。

美味しいと感じるパスタソースを作るにはかなりのオリーブオイルや、バターなどを使います。

自分で作っていても、油分を摂り過ぎていると思うので、外食でパスタを食べるときはそれ以上に大量の油が使われているかもしれないですね。

どうしてもパスタが好きな人は、副菜に野菜などを付け加えるといいですね。

ジュースの取り過ぎもよくない

セルライトの原因は食事にある?

ジュースが大好きな人も脂肪を溜めやすいと言われています。

甘い砂糖が大量に入っているジュースは、脂肪なんて全く入っていないように感じます。

実際は脂肪は入っていないのですが、大量にとりすぎた糖分は運動などで消費しなければ脂肪として皮膚の下に蓄積します。

つまりセルライトが増えるということになります。

脂肪ではないのですが、大量にジュースを飲み過ぎたりペットボトル症候群などでジュースがやめられない人もセルライトの原因を体に入れています。

セルライトの原因になる食材を食べなければいいのか?

セルライトの原因は食事にある?

セルライトの原因になりやすい脂肪や炭水化物の食材を食べなければ、セルライトはできないのでしょうか?

答えはNOです!

理由は結構難しくて、炭水化物は私たちの体になくてはならないものです。

炭水化物は脂肪に変わりやすいのですが、脳への糖分の補給になります。

例えば白いご飯を食べたり白いパスタなどを食べると、脳がとても幸せだと感じます。

ご飯を食べることによって幸せだと満足な気持ちが広がるのです。

良い方に繋がりやすいからと言って炭水化物を全く抜いてしまったりすると、情緒が不安定になります。

最近人気の炭水化物を抜いてしまうダイエットは、きちんとした知識を持ってやらないとリバウンドを引き起こしやすいです。

成功しやすくするためには、夜の炭水化物を抜くとか、たくさん食べてしまった次の日にはあまり取らないようにするなどの工夫が必要です。

全て全く抜いてしまうと、イライラが募って成功しません。

セルライトの原因になってしまう食事を全て抜いたとしても、バランスが崩れてなかなかうまくいかないです。

これがリバウンドの難しいところです。

セルライトを予防したくて原因の食事をすべて抜くと別の問題が出てきますし、前よりもさらにセルライトが増えてしまうこともよくあります。

痩せている人でもセルライトがある

セルライトの原因は食事にある?

痩せている人にもセルライトがあります。

セルライトの原因は、食事や生活習慣なのでたとえ痩せている人でも要注意です。

体はスレンダーだけど、毎日外食ばかりでほとんど野菜を取らない人はセルライトがよくあります。

ふくらはぎの部分や、二の腕の部分を絞るように見てみるとセルライトがボコボコと出てくるはずです。

セルライトは太っている人だけにできるものではありません。

見た目が細い人にも食事などが原因でできてしまいます。

痩せている人の場合は体脂肪計に乗ってみるとすぐにわかります。

痩せている割に体脂肪が20以上、30を超える場合はかなりセルライトが多いと考えられます。

痩せているから大丈夫という考えはあり得ません。

若い時期にセルライトが多い人の場合は、40代を過ぎて代謝力が落ちると急に太りだす人が多いです。

新陳代謝が活発な20代のうちは太りませんが、更年期を迎えると太りだしてしまう事があります。

毎日の食事でセルライトを予防する

セルライトの原因は食事にある?

毎日食べる食事でセルライトを予防することもできます。

今現在できているセルライトを劇的に減らすことはできませんが、これから新しくできるセルライトを防ぐことはできます。

セルロイドの原因は脂肪や糖分と言われているのですが、それ以上に食物繊維をとることを心掛けるといいです。

食物繊維は野菜に豊富に含まれています。

どうして食物繊維とせるライトが関係するのかというと、食物繊維をとることで老廃物を体の外に出すことができるからです。

体の中にたまった老廃物は、排泄物として出すしか対処法がありません。

セルライトができやすい体質の人は多くが便秘なはずです。

便が出ないと、体の中の悪いものが出て行かないのでセルライトがたまりやすくなってしまいます。

セルライトの原因と言われている老廃物を出すために食物繊維を食べるのです。

今は手軽に野菜が採れるのでキャベツの千切りを買ってきたり、青汁などを飲むのもいいです。

食物繊維を本気で摂りたいなら、葉物野菜よりも根菜類をお勧めします。

サトイモやジャガイモ、長芋、レンコン、などの芋類は食物繊維が豊富に含まれています。

青汁よりも頑固な便秘に効くと言われているので、芋類の煮物などを食べるといいですよ。

セルロイドが出来にくい食事の取り方

セルライトの原因は食事にある?

体に良い野菜や、芋類の献立を食べる時は、食べる順番にも気をつけましょう。

例えば夕飯の時にご飯と、お肉と、野菜の煮物があったとします。

食べる順番としてはまず最初に温かいお茶を飲みます。

最初に温かい水分を取ることによって、急激に食事のカロリーを摂るのを防ぐことができるからです。

水分を取ったら最初に野菜を食べます。

野菜をゆっくり食べることによって、脂肪が体に吸収されるのを柔らかく穏やかにしてくれます。

ゆっくり野菜を食べ終ったらご飯とおかずを食べても大丈夫です。

最初はなれないかもしれませんが、食べる順番の食習慣を変えるだけでセルライトも予防することができます。

順番を変えるだけなら仕事が忙しい人や、レシピを考えるのが面倒な人でも簡単に今日からできます。

特におすすめなどが温かいお茶を飲むという行動です。

食事の最後に水分を摂る人は多いのですが、ダイエットやセルライトが気になる人は是非食事が始まる直前に水分を補給をすることを勧めます。

水分不足もセルライトが増える原因だと言われています。

運動をしてもあまり意味がない

セルライトの原因は食事にある?

セルライトをなくそうと思って、一生懸命に運動を始める人もいます。

確かに皮下脂肪である脂肪を燃やすには有酸素運動が有効です。

けれども有酸素運動をしてはじめに消費される脂肪は、内臓脂肪なのでセルライトを除くには気が遠くなる作業になります。

運動を始めたとしてもまず内臓の周りについている脂肪が消費されます。

セルライトは運動をする習慣をつけてから、何ヶ月も経って消費され始めるのでかなりの根気が必要になります。

運動をたった1ヶ月やったとしても、皮膚の下にある脂肪分を燃やすのはとても大変ということになります。

けれども筋トレや運動をすることによって体内の筋肉を増やすのはいいことです。

脂肪ではなく筋肉の量が増え始めると、体内の基礎代謝が上がります。

基礎代謝というのは心臓を動かしたり細胞を貸したりする生きるために必要な栄養のことです。

私たちが普段食べている食事の60%以上は基礎代謝に使われると言われています。

つまり基礎代謝が上がれば、運動をしていない普通の時間帯でも脂肪を減らす見込みがあるということになります。

運動をして直接セルライトが急になくなるわけではありません。

けれども長期的に努力をすれば徐々に緩やかに、なくなっていくこともあります。

かなり根気的な努力が必要なので、運動する仲間を見つけるとか運動サークルに入るといいですね。

ちなみに私はバレーボールに入っていますが、食べる量がますます増えたので運動の効果があるのかがいまいち分かりません。

運動で予防するなら、少なくても3ヶ月以上は続けないと効果がなさそうです。

筋トレでセルライトを消すという方法をしている人もいますが、筋トレよりもセルライトが付いている部分をマッサージした方がいいようです。

浮腫んでいる事もあるので、血行を良くしてセルライト部分の体温をあげると効果があるそうです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です