自宅で簡単にできるセルライト除去・マッサージ方法をはじめ、おすすめのセルライトを消すエステやマシン・器具、スパッツ、クリームやサプリの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。セルライト除去でお悩みの方はぜひご覧ください。

足首にセルライトができる原因は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

足首が太くて悩んでいる、そんな女性は案外多いようです。ですが、単純に太いだけと思われる方も多いようですが、実は足首にもセルライトができるというのはご存知でしょうか?
そして、足首にセルライトが出来た結果太くなってしまっているという事もあるのです。

こちらでは、なぜ足首にもセルライトが出来てしまうのか、脚にセルライトがつく理由などについて紹介をしていっています。
脚の太さ、足のセルライトなどについてお悩みの方は、ぜひご覧になって下さい。

実は足首にもセルライトは出来るのです!その原因とは?!

足首 セルライト 原因

セルライトというと、おしり太腿、とくに太腿の裏などに多く出来るというイメージがあるのではないでしょうか?
ぎゅっと掴んだり、力をいれたりするとボコボコしてため息が出てしまうという方も少なくないようです。

しかし、実は足首にもセルライトが出来てしまうと言う事も多くあり、ダイエットが成功をしても足首がいまいち細くならなかったという方は足首にセルライトが出来てしまっている可能性も考えられます。

足首にセルライトが出来る原因は冷えです!

やはり足首にセルライトが出来てしまう理由は、冷えになります。
足先が冷えると言う方はとても多いと思うのですが、身体の先端のほうというのはどうしても体温が伝わりづらい場所になります。

そして、冷えてしまう事で血流低下につながっていきますが、血流循環がうまくいかなくなると、脂肪が浮遊をしやすくなってしまいます。
そうなるとセルライトが作られやすくなりますので、常に冷えた状態になりやすい、そういった状況にさらされている足首はセルライトが出来やすい場所だと言う事が出来るでしょう。

血行不良も足首にセルライトが出来る理由の1つです!

血行不良というと、どちらかというと健康の問題のように感じるかもしれませんが、実はこういったダイエットなどについても非常に重要な問題となります。
きちんと血液循環がされる事で、老廃物が排出され、また栄養や酸素が運ばれたりしていきます。

そんな血液循環がきちんと行われていないと、血管の周辺で老廃物水分などが漂う事になり、脂肪細胞にまとわりつき、その結果セルライトになっていく事になります。
またむくみにも繋がりますので、より深刻なセルライトの原因となるといえるでしょう。

むくみによって足首にセルライトが作られます!

血液循環の所でもふれましたが、むくみはセルライトが作られる大きな原因の1つとなります。
むくみは、リンパ液が滞った事によって、不要になった水分、老廃物が排出出来ていないという状態となり、その結果セルライトが作られます。

足首などはよくむくみやすい場所と言えます。
昔の生活では足袋、下駄などを使い足裏の筋肉を使ってきていましたが、最近では使わない事でだんだんと足裏の筋肉が衰えている人が増えてきています。
そういった事もあり、足首はむくみやすいと言えるようです。

靴、靴下も関係ありです!

足首 セルライト 原因

足首にセルライトが出来てしまう理由として、靴や靴下も関係があります。

着圧ソックスなどはむくみにとても効果的なのですが、むやみに利用をすると逆効果となります。
24時間つけている、就寝中にもはいている、またいきなり強い圧の靴下を利用するなどをすると、いきなりしめつけてしまい逆効果となる可能性もあるのです。
また履き方も重要となり、つま先土踏まず足首ふくらはぎなどをきちんと合わせてはかなければなりません。

そして靴もハイヒールなどは、セルライトやむくみに関していうと逆効果となります。
脚を綺麗にみせてくれて、筋肉も使われてはいますが、伸び縮をしているわけではないので、常に一方にだけしか筋肉が使われていません。
その結果、緊張状態が続き、むくみやすい、こわばった状態にあると言えます。

その結果セルライトに繋がりますので、ハイヒールや間違った着圧ソックスの利用は足首にセルライトが出来る原因となります。

足首にセルライトが出来てしまう原因を取り除くには?

セルライトが足首に出来てしまう原因はいろいろありますが、ではどうやって取り除けば良いでしょうか?

簡単なストレッチなどをする

足裏の筋肉のこわばり足首のあたりのリンパのつまりなどが足首セルライトの原因と言えます。
そのため、そのあたりを直接的にほぐして柔らかくし、そしてリンパをしっかりと流す老廃物を排出していくのがまず重要と言えるでしょう。

足の裏は指先から初めて、土踏まずなどを中心にもみほぐしていくのがおすすめとなります。
指も自分の力で動かしたり、広げたりする事で足の裏の筋肉を鍛え直していけますので、むくみや冷えの解消へとつなげていけます。
足裏の筋肉、アーチが崩れていくと姿勢自体が悪くなり、見た目としてのスタイルも悪くなりますので、スタイルを気にする人には積極的に取り入れていきたい部分となります。

マッサージは一番カンタンなのが、手と足の指を組む、いわゆる恋人つなぎ状態にして、あいている方の手で足首を軽く持ち、そのまま手で足をぐりぐりと回転させていきます。
これによって足首のストレッチが出来、ほぐれますし、血流やリンパの流れも良くなりますのでむくみ防止に最適です。

お風呂につかる

お風呂にきちんと浸かる事で、足首にセルライトが出来る原因をかなり取り除くことが出来ます。
半身浴などをすると血行不良の改善にもつながりますし、冷え性改善にも役に立つのがお風呂のよい所と言えるでしょう。

また、マッサージストレッチと相性が良いのもお風呂に浸かるメリットとなります。
お風呂に浸かりながらマッサージをする事で、日々の習慣にすることが簡単になります。
シャワーからお風呂に変える習慣は必要になりますが、その変更の際に同時にマッサージの習慣をつけてしまうと良いでしょう。

ダイエット中の場合などは代謝もあがりますし、ソルト系のバスグッズを一緒に使うとあせもたっぷりかけてより満足感にもつながるかと思います。

食事の見直し

足首 セルライト 原因

食事が身体を作ると言われていますが、セルライトについても同じ事です。
足首のセルライトの原因についていうと、冷えむくみなどがかなり関係が深くなりますが、結局の所セルライト自体をつくらないようにしていく事でしか改善は難しいと言えます。
ピンポイントで1部分だけ痩せたりするのが難しいと言われているのと同じものだと言えるでしょう。

量を見直す

セルライトが出来る原因は食べ過ぎも大きなものと言えます。
量が多いと一般的に太る原因になります。そして余分な脂肪が体内に漂うことになり、セルライトが増えることとなるのです。
そしてそんな時に冷えやむくみなどがあると、より足首にセルライトが出来やすくなります。

脂質を減らす

脂質が多い食事は量にかかわらず、よりセルライトが出来やすい環境を作ってしまいます。
脂肪細胞に老廃物などと一緒に脂肪がくっつき、より大きな脂肪細胞、そしてセルライトとなっていくのです。

血液もドロドロになり、血圧血管にも負担がかかることとなり、より血行不良がひどくなる可能性も秘めています。
また、将来的な健康の問題にもつながっていく事でしょう。

塩分を控える

塩分が多い味が濃いものは比較的美味しいものもおおく、つい食べすぎてしまいがちです。
しかし塩分が多いものを日常的に食べていると、セルライトが出来やすくなり、足首にもセルライトが出来る要因となります。

なぜ塩分を多くとるとセルライトができやすくなるのかというと、塩分濃度が原因です。
塩分濃度が高くなるとその塩分濃度を薄めるためにたくさんの水を必要とします。
その結果、体内には排出しきれない水分が出てきてしまい、体内に貯め込む事になります。

そして、それがむくみとなり、身体が冷える事によってセルライトが出来るようになるのです。
その時に立ちっぱなしや座りっぱなしだと、より足先のほうからむくんでくるため、足首にもセルライトが出来やすい事となるでしょう。

糖質を控える

糖質は最近ではかなり控えめにしている人が多いかと思います。
あまりたくさんの糖質をとると、結果的に脂質をとっているのと変わらないような状態になるからです。
体内で脂肪となり、漂うことになり、結果的に脂肪細胞を大きくしたり、セルライトにつながっていく事となります。

また、砂糖の場合などはエンプティカロリーとなり、基本的にカロリー以外の栄養素が期待出来ない成分と言えます。
そのため、糖質、砂糖、両方ともに適切な量を摂取するようにしたいものです。

生活習慣・意識の改善+αが足首のセルライトへの対策です!

結局、足首のセルライトにはコレが効果的!っていうものはないの?と言う事になると、残念ながらないと言えるでしょう。
あえていえば、最初のエステにいってごっそりとってもらうとはずみがつくかもしれませんし、通い続けるとかなり楽にセルライトは除去出来るかもしれません。
しかし、費用がかかりますので、自宅で、自分で出来ることは地道な事ばかりです。

お風呂につかってマッサージをして、靴選びや姿勢に気をつける。
そして、食事は塩分、糖質、脂質の摂りすぎに気をつけて、量にも気を配る。
ただこれだけといえる事でしょう。

足首のセルライトの場合は特に足裏、足首のマッサージ・ストレッチが大事となりますが、基本はまず生活改善となるのではないでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -